啓子先生、76才の初挑戦 完結編

2月12日
技能グランプリの競技最終日です。
3時間で袖付けから最終工程のボタン付けまで。
目標のボディに着せられるよう、
スタートの合図とともに無我夢中での頑張りです。

グランプリ-3

そして・・・タイムアップ!
何箇所か心残りの点はあるけれど、
一応、きれいなラインでボディに着せることができました!

ふ~~~・・・
深い吐息と共に、私の挑戦は終了です!

課題服

 写真は、私が作成した課題服です。
 仕様条件は8項目
 中でも、
 袖丈=56cm 後着丈=53cmは、必須条件。
 戻ってきた課題服を測ったら、
 ぴったりでした^^
 ちょっと嬉しくなりました。




2月13日
午後から大会の成績発表と表彰式、閉会式です。
私は受賞の対象には入れませんでした。残念!  。゚(゚´Д`゚)゚。

でも
このグランプリ大会で得たことは沢山ありました。
洋装協会会員の参加者の皆さんとお互いいろんなことを学びあう機会を与えて頂けたこと。
他県の方々と交流を深めることができ、見聞が広がったこと。
大勢の方とお友達になれたこと。
これもグランプリならこそと思いました。

お世話して頂きました県の職業能力開発協会の皆さま、ありがとうございました。
日本洋装協会、主査の先生方におかれましては寒い中を大変お世話になりました。
心から感謝しています。
また、期待にお応え出来なかったこと、申し訳ございませんでした。

反省点は多々ありますが、私としては体力の限界です。
今後は、今回の経験を生かし、
日本洋装協会石川地区として、また、石川県の服飾技能向上のためにも、
微力ですが後輩の育成に力を注いでいくつもりです。


さぁ!
気持ちを切り替えて!

      あしたからの私
            頑張りま~~す  \(^o^)/

関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment