気になる!  ・・・(Θε Θ;)‥

絵画  

最近暑いので、台所の冷房の前で過ごすことが多くなりました。
テーブルの椅子に腰かけて、壁に掛けてある絵をボーッと眺めながら、色々考え事をするのが日課になっています。

んん・・・?
やっぱり気になります。
壁に掛けてある絵・・・

30年ほど前、町の文化祭に出展した時の野菜の絵です。
どう見ても左側が、少し下がって見えるのです。
以前から傾いているな~とは思っていましたが、
最近眺める時間が多いせいか、気になってしようがないのです。
しかし、家族の誰に聞いても問題ない!といいます。

ねぇ
水準器もってきて、額の上に載せてみて~

とうとう我慢できずに、測ってみることにしました。
水準器を額の上に載せてもらいます。

「真ん中や~」

家族が言います。
んんん・・・やっぱり、水平か・・・
なんでやろ・・・
白菜は斜め、まな板も斜め、、、
長方形の額が、傾いて見えるのは、目の錯覚か?

エッ!!
私の目か??
目が悪いのか??

そういえば、40代のころ事故に遭ってから、左半身が今でも何かと都合が悪い。
あの時は、左目の上も強打して、裂けたおでこの皮を引っ張って縫い付けた。
CTでは脳は異常なしと診断されたけど、その事故の影響か?

どんどん、不安が広がる。。。
正確な目視ができないでは、仕事上大変なことだ!
私にとっては死活問題だ。
生徒さん達にも申し訳ない。

額が水平と証明された今、ショックと不安で、心が動揺している。
本当に自分の目が悪いのか?
来週は眼科に行こうか・・・
こわいな・・・
どうしよう・・・
絵の問題であってほしいな・・・
錯覚であってほしいな・・・

ふぅ~・・・(Θε Θ;)・・

スタッフMyさんからブログの催促。
―――斯々然々で・・・
―――写真送ってください。



再度、水準器を載せて撮った写真を送る。
水準器

―――先生!
   若干、左寄りでしたね。目、大丈夫ですよ。
―――おいね!
   先に測った時も、少~し左寄りだったって、
   おとうさんったら、今頃になって言うんよ!もう~
   でも、よかったぁ!
   私の目じゃなかった!
   よかったぁ~~~ \(^o^)/

洋服を作っていくうえで、一番大事な中心線。
少しでも傾いていると、ずれた服になってしまう。
定規などで測るから滅多なことはないと思うけれど、
やはり目視が正確でなければいいものは作れない。
それに、水平を見るときは、
床や角度、立ち位置によって変わってくるから、
基本は真正面から見ることやね~。

さわやかな先生の声! o(^▽^)o

―――そ!
   人間は何事も正面を向いて生きなくてはね~ 
   小さな額で、人生学んだわ 

―――せんせ~ 。゚(゚^∀^;゚)σ。゚  

関連記事
スポンサーサイト