熱中症対策をしましょう~\(^o^)/

連日暑い日が続いています。
被災された皆様、ボランティアの皆様、暑い中ご苦労様です。
お手伝いに行きたい気持ちはやまやまですが、高齢のため、我が身の扱いにも困っている状況です。
祈るしかできない私からお願い。
どうか御身大切に、くれぐれも、無理をなさらないでくださいね。

私も先日、大変な目に遭いました。
朝から30度越えの、かなり暑かった日のことです。
朝食をとる時間もなく、金沢市内の教室に行き、終わったのは1時過ぎでした。
炎天下の中を、色々用事で歩き回ってから、スーパーで、昼と夜の食事の材料を買おうとしたのですが・・・
頭がもうろうとして何を買えばいいのかさっぱりまとまらないのです。
結局、スイカと仏花と榊だけ買って、おかずも買わずに帰りました。
家に帰った途端、腰の力が抜けたようにフラフラ~となり、主人にどう言ったか記憶もなく、バタ~ンと倒れてしまったのです。

何時間そうしていたのか、のどがカラカラで目覚めました。
スイカ食べさせて~
主人にお願いして、切ってもらったスイカのなんと美味しいこと!!
生き返るってこんなことかしら・・・

息子が帰ってきたので、このことを話すと、
それが熱中症や!
と、ひどく叱られました。

振り返ってみると、
朝も昼も食事抜きで体力が低下していたこと
日中の暑さ35度と高かったこと
炎天下の中、朝から水分も補給せず歩き回ったこと、など
熱中症になる条件がそろっていました。

よくニュースなどで、熱中症で亡くなったと聞きますが、
熱中症って、気づかないうちになるんですね。

私もあのまま死んでいたかと思うと、背筋が凍るようです。
あまりにも無頓着な自分に、今更ながら怖さを感じました。
おまけに、脳細胞もかなりのダメージをうけて、復活できなくなったかも・・・
こまったわ。どうしましょう・・・なんて違った心配もしています。

身をもって体験したので言えることですが、暑い日は熱中症対策をしましょう。

  充分な睡眠と食事で、体力づくりをする。
  暑い日は、涼しいところで過ごす。
  こまめに水分補給をする。
この3つが大切です。

でもね、
水分だけの補給が逆に症状を悪化させるらしいって! ご存知でした?

汗を大量にかくと、塩分やミネラルも、汗と一緒に流れてしまいます。
そこに水分だけ補給すると、血液中の塩分やミネラルの濃度が薄くなり、かえって、熱中症の発症へとつながったり、悪化させたりするんですって。

常にスポーツドリンクみたいなものがあればいいのですが、手元にない場合は、
自分で手軽に作れる経口補水液の作り方があるんですよ!
NHKのあさイチでもやってましたね。

  水  1ℓ
  砂糖 40g
  塩  3g を混ぜるだけです。手軽でしょ!
水は沸き冷ましがいいですね。更に、レモン汁など入れると飲みやすいかもです。

でもね
もっと簡単な対策!

私はスイカで生き返りました。e32ab3b1fc35178cf33ae4f9991a926a_s.jpg

子供のころ、よく塩をかけて食べている光景を目にしましたが・・・
考えてみると、水分と糖分がたっぷりのスイカにプラス塩分。
な~るほど、これです!  納得です。

スイカを食べると、何だかすっきりとして元気になる気がしたのは、これだったんですね。
昔の人は、理にかなったことをしていたんですね~。

みなさ~ん、手作りの経口補水液と合わせて、
スイカに塩をかけて、暑い夏を乗り切ったらいかがでしょうか。

え??
決してスイカ生産者の肩を持つわけじゃあないですからね~~\(^o^)/
関連記事
スポンサーサイト