アカシア町内盆踊りでの楽しい思い出  (*^▽^)(^▽^*)

町の班長役が回ってきました。
20年ぶりです。
久しぶりに、20数軒の班内を所用で歩きます。
同じ班にいても、なかなかお会いできない方たち。

あら、酒井さん、ひさしぶりやね~
まあ、酒井さん、懐かしい~ 今年もよろしくね~♪
行く先々で、昔話に花が咲きます。^^
「母がいつも懐かしがってました。」
ご両親がすでに旅立たれ、もう、代替わりのお家もあります。

私もお母さんとご一緒できて楽しかったわ!
今でも思い出していますよ。

町内行事の盆踊りのことです。
当時、盆踊りの中盤に仮装して踊る大会が、皆さんの楽しみの一つでした。

まだ50代の元気だった私は、そのころ婦人部の班長をしていました。
壮年部や婦人部、町内の有志の方々が、教室に集まり、出し物や、役割分担を決めるところから始まります。
皆さんそれぞれ、忙しい身上の方ばかりでしたが、衣装づくりや看板づくりに楽しい汗を流したものです。

大会当日は、教室で全員ごった返す中、汗をかきかき、厚塗りの化粧をし、衣装を身に着け、玄関前で出陣式をし、並んで会場の公民館へ向かいました。
会場に着いたとたん、ワ~~っという歓声が耳に入り、子供たちが大勢寄ってきます。それはそれはたいへん賑やかなものでした。

仮装大会には、平成6年に1回と、11年から17年まで連続7回参加しました。
meisaku_kinen.jpg
この写真は、最後に出場した時のものです。

出し物名は「世界名作劇場」。
義経・弁慶と静御前、
浦島太郎と乙姫、
シンデレラと王子様、
桃太郎、かぐや姫、白雪姫と7人の小人たち、
そしてなぜか細木数子と、なんと!総勢18人の出演者。
仮装大賞をもらい皆大喜びしています。

配役を決める日、
名作の名前を黒板に書いていきます。
やりたい役あったら、手をあげてくださ~い。
私は、「白雪姫ねらい」です。(だれも手をあげませんように!)
心の中で叫んでいますが、口に出して言えません。

はい! 義経、わたしがやります!
はい! 弁慶します。
・・・次々、役が決まって、
いよいよ、白雪姫・・・
はい!どなたか~いませんか~  シ~~~ン・・・

酒井さんしたら?
え?
私でいいが? 背もひくいし・・・
いいよ~
心の中で小躍りして喜びました。(#^.^#)

そして、町内の小学生1・2年の男の子を集めて成立。
毎週土、日に教室に集まって、衣装づくり、道具づくりに精を出しました。

何よりも、大会当日までの準備時間がとても楽しく、懐かしい思い出です。
ホームページの「私のきまぐれ」コーナーでも、ご紹介してます。
チョコっと、のぞいてみてくださいね。

今度は
「ポケットモンスター大行進」の時の、楽しいエピソードなんかお話ししたいですね。
次回またお会いしましょう~ \(^o^)/


関連記事
スポンサーサイト