今年も一年ありがとうございました 〜♡ ٩(ˊᗜˋ*)و ♡~

先日、〝所さんのそこんトコロ〟というテレビ番組の、「開かずの金庫を開けろ!」というコーナーをみた。
旧財閥の巨大金庫で、市長も同席の上、鍵のプロが頑張っている。
  どんな宝が入っていると思う?
  私は金庫の中はカラッポやと思う・・・。
家族は黙ってみている。

開いた!
6時間かけてようやく金庫の扉が開いた!
やはり!
金庫の中身は全て空っぽだった。

銀行や紡績で財を成し、敷地2400坪に、300坪の大豪邸を10年かけて建てたという。
それだけ由緒ある家なのに、なぜ、金庫が空っぽ?

もしわたしが財閥だったなら、お金は残さない。
生きているうちに全て、子供たちや、関係する人たちの為に使いたい。

欲をしてお金で残しておいても、子孫は喧嘩するだけ。
それを見て周りの人は、あざ笑うだけ。

子供たちには、苦しい時、少しでも助けてあげたい。
そうすれば、お金の価値もわかる。同じように子を守る。
兄弟同士、喧嘩しないで仲良くできる。

関係する人たちに頂いたお金だから、
出来るだけのことをしてお返ししたい。
自分の名誉の為ではない。保身でもない。忖度もない。
ただ、人間として、胸を張って生きて行きたいだけ。

旧財閥も、子孫がこの金庫を開けた時、空っぽの意味を理解して欲しかったのかも?
そして、子孫が力を合わせて、お金ではない繁栄を願ってのことでは?と、
勝手に推察するのだけど・・・

なんて、かっこいいことを言っている私だけど (´∀`*;)ゞ
旧財閥の金庫事情より、当家の財布事情。
だから、年末はやっぱり宝くじ。

私も御多分に洩れず買いました。 (((o(*゚▽゚*)o)))
捕らぬ狸の何とやらじゃないけど、
少額でも当たれば孫の成人式のお祝いも出来るかも! なんて、
ツイツイちっちゃくても嬉しい夢に馳せる毎日なのです。

今日31日の11時半から当選発表があるけど、
私は、ながく、なが~~く、夢を見ていたいから、
テレビも見ないの!
券も調べないの!

旧財閥の金庫の話じゃあないけど、
開ける前の期待感と
開けた後の喪失感に耐えられるかどうかが・・・ね (#^.^#)

nenmatsu2016_01.jpg


ということで、
とうとう今年も終わりとなりました。
ブログを始めて1年。
毎回毎回、
私のくだらない話にお付き合い頂き、本当にありがとうございました。
2018年は、もっと実のある話題をと反省しております。

皆様にとって2018年も、
希望溢れる良き年でありますよう祈念し年末のご挨拶とさせて頂きます。

関連記事
スポンサーサイト