立ち直り不可能なほどのショックな出来事!

町内のホームパーティの仲間だった人の親に、数十年ぶりに八百屋で出合った。
もう、86~7になっていらっしゃるだろうか。
かなりの高齢になって、髪も薄くなっている。

入口のレジのところで、私に「あら~ 小さなったね~」と言ってきた。
ムカッときた!
気にしているのに!

ケンカも大人げない。。
この歳にもなると、骨粗鬆症。
骨も縮んで、背中も丸くなって、
5~6センチ低くなったのは確かだ。

「あんたこそ、髪、少なくなったね~」って、返す言葉があったけど、これも大人げない。

レジで八百屋の奥さんが聞いている。
仲裁入れてくれるのを待っていた。ら、

「私も、酒井さん、ひくなったなーと思ってた!」

ムカッ! ヽ(`ω´*)ノ彡☆
客や! 私!
もっと言うことあるでしょ!

最近低くなったなーって、自分でも感じているのに!
同級生でしょ、あんたと私、
誕生日も1日しか違わん人に、なんでそんなこと言われんなん!?

心の中で叫びまくった。
が、
レジ終わって、だまって出た。

気持ちがおさまらない。
となりのさかな屋に行って話しようと思ったら、その親も入って来た。
嬉しくないので、
後でまた来るねーと、さかな屋に言って、何も買わずに帰った。

生まれてこの方、一番気にしていることは、背が低いこと。
洋裁を始めたきっかけも、
1センチ、1ミリでも、背を高く見せられればと思ってのことだった。
なのに、なのに、、、

ショックを受けている私に、ダブルパンチが入った!
教室の終わりがけに、いつも遊びに来る私と同年齢の人が言う。
「先生、髪うすなったね~」
「あら、そうかね~」
生徒さんいっぱい居るので、返す言葉がない。

言った本人も髪薄いのに!
いつも世話になってるあんたやし言えんけど、
薄い人に薄いって言われて、一番ショックやわ!
又しても、心の中で叫びまくる!!

シャンプー切れたみたい!と、
ほとんど毛のない主人が、急いでシャンプーを買いに行く。
・・・禿げにもシャンプーが必要なんか! (*`へ´*)

矛先を主人に向けてしまった。 (。>ω<。)ノ


DSCN 3863

本文と関係のないイメージです。
以前、作った作品を空き瓶に書いたものです。
気持ちを落ち着かせるために、UPしました。(#^.^#)

関連記事
スポンサーサイト