タチアオイと梅雨の関係

こんにちは 皆さん!
ブログ管理人のスタッフMyです。

ごめんなさい。
啓子先生は今回、都合でお喋りできなくて。。
スタッフMyの稚拙な話題でご容赦ください。

皆さん、タチアオイの花ってご存知ですよね。
その花と梅雨の関係って、ご存知でした?

タチアオイは別名「梅雨葵」とも言うんですって。
梅雨入りと共に下から順番に開花、上に向かって咲いていって、
一番上が咲くと梅雨明けらしいです。
昔から梅雨入り、梅雨明けの目安の花とされていたみたいです。
初めて知りました。
P6220345.jpg
写真はスタッフMさんから頂いた、白色のタチアオイです。
下から順番に咲いていくはずなのに、なぜか・・・間を開けて咲いています!
これには何かわけがありそう。
ということで調べました。

九州から四国にかけて、6月6日に梅雨入りで、一番下の花が。
翌日、近畿から東海、関東甲信越が梅雨入りして次の花が咲きました。
それから、北陸の梅雨入り宣言まで待ちに待った、2週間目の21日。
タチアオイは律儀にも!
北陸の梅雨入り宣言にしっかり答えて、間を開けて咲いてくれたらしいです。

写真の日付は翌日の22日、
あ~悔やまれるのは、20日の写真がないこと!
証明の仕様がありませんが、やはり、梅雨葵のなせる業・・・?
と思うことに、^^; ♪ 
恐るべし先人!
今度は梅雨明け宣言のタチアオイを楽しみに待っています。

って、落ちのない話題でお許しください。
皆さん、これからジメジメの毎日、
お身体ご自愛ください。

関連記事
スポンサーサイト