1本の電話で!

人生においての分岐点は何度もありますよね。
セレクトの仕方で、生き方も変わる。

4月最初のブログに、
【「人生を決めた」私のターニングポイント】、というタイトルで投稿させて頂きましたように、
あの時、あの道を選ばなかったら、この業界を歩いている私はいないと思っています。
そしてその後も幾度かの分岐点がありました。

なかでも私にとって、とても大きな分岐点は、(一社)日本洋装協会さんからの1本の電話でした。
当時、64才。
子育ても、孫の世話も一段落し、
新たな教室への活路を模索していた時、協会へのお誘いを受けたのです。

未来が開けたようでした。
このことは、日本洋装協会さんにマイスター認定のご尽力をいただいた時、平成25年(2013年)のモード通信3月号にも掲載されています。)

協会の方々のお力添えで、いろんなことに挑戦し、名刺の肩書が増えました。*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*

日本全国の、気持ちを同じくしたお友達が増えました。+*(**)*+

将来を見据えた生徒さんが増えました。(*^^)o(^ω^ ^ω^)o(^^*)♪

夢を追いかける生徒さんのお手伝いが増えました。(o‘∀‘o)*:◦

アパレル関係や、県の行事のお誘いが増えました。(((o(**)o)))

プラスばっかりの人生です。
日本洋装協会さんには、只々感謝です。
洋裁を志すお方は、ぜひぜひ!! 
扉をたたいてみてはいかがでしょうか。(*^_^*)

日本洋装協会
関連記事
スポンサーサイト