北國花展に感動!

「第45回記念北國花展~伝統と現代~」に行ってきました。
北國花展
めいてつ・エムザ8階の会場に足を踏み入れてびっくり!
前回の花展とはまったく違った雰囲気です。
一作品観るごとにその場から動けなくなる程心打たれるのです。
こんな感覚は初めてでした。

いろんなものを花材にして、華やかに、大胆に、色合いの使い方、主役の花の生命力の表現など、そこはもう真似のできないアートの世界でした。
それぞれの作品が、何かを発信してくるような感覚に陥るのです。

新年ということもあってか、松・竹・梅を使った作品も、多く見られました。
一間巾位のところに、天井に届く程の大きい竹で竹藪を作ったり、松林を作ったりと、大胆にして幽玄に自然の世界が表現されています。大作の前に立っただけで、その中に呑み込まれるような、吸い込まれるような不思議な感じになりました。

一通り観終わっても、立ち去るのが惜しく、再び回りました。
また違った味わいで作品を鑑賞できるのです。

2度回って一旦帰りかけましたが、このまま帰っては心残りと、
また戻って、受付に伺いました。

いつもの花展とはちょっと違う気がするんですけど・・・

45周年記念の花展ですので、特別有名な先生方の力作が出ているんですよ。

すごく観ごたえがありました。こんなに感動したのは初めてです。
お世辞ではなく、一つ一つの作品に素晴らしいアイディアが詰まっていました。
私は服飾の仕事をしていますが、とても刺激を受けましたよ。

どなたもそういう風に言ってくださる方がいなかったんで、私達もとても嬉しいです。
ありがとうございました。

受付の人もすごく喜んでくださいました。
来てよかった!
お話を伺ってよかった!
素晴らしい芸術作品の数々に、久々に感動し、納得した一日でした。

後期展は26日迄です。
後期もきっと素晴らしい作品が展示されることと思いますよ。
まだの方はぜひ鑑賞されてはいかがでしょうか。\(^o^)/
関連記事
スポンサーサイト