我が家の厄介者?

桜の開花宣言も少し落ち着いたようです。
桜の花で、日本中がこんなにも盛り上がれるってすごいですね。<いつかはその謎を深堀りしてみたいです。(*^_^*)>
我が家(内灘教室)の桜も満開になりました。とてもきれいです。

40数年前、いい物件がないかと、この地を訪れたとき、
平屋造りの玄関の前で、青い空をバックに、見事に咲いている桜の大木をみて、迷いもなく即断しました。
桜に関して、特別どうのという気持ちも持っていなかった私でしたが、
この時ばかりは、オーラというのでしょうか、すごい勢いを感じたのです。

でも、平屋の前部分を2階建ての教室に改築、翌年の桜には、背景の青空は見えませんでした。(;д;)
それからの桜は我が家にとって、厄介物(者?)となったようです。

花が終わり、きれいな若葉になる頃、毛虫大発生!
秋の落ち葉で近所迷惑にならないよう毎日の掃除…

枝の成長が早く、電線にかかり、お叱りをうける。(´・_・`)
毎年のように切らなくてはいけない。

根っこの成長も凄まじく、勢いよくはびこる。
家の床板が浮いた。 (´;ω;`)
トイレの配管の隙間に入り込んで、トイレの改修もした。

あ~~~耐えられない!!! 。゚(゚´Д`゚)゚。

伐採するには偲びないので、
町の公園にでも移植してもらえないか問い合わせました。
内灘町役場の方が見に来てくださいました。
「奥さん、玄関まで壊さないとダメですね。」
・・・
やっぱり「やっかいもの」だったのでしょうか。。。

根っこの周りに植えている花々の肥料をもらって、現在も増殖中の大木は、
そんなこと知ってか知らずか、今年も勢いよく花を咲かせています。

聞けば、
アカシア町が出来た時、全戸に1本ずつ、内灘町から記念樹として配布されたそうで、
現在、公民館横の歯医者さんと私共の家にしか残っていないみたいです。
そう思うと、厄介者ですが、愛おしい桜です。

勢いよく咲いているのに、なぜか微笑みかけてくるようなその姿を見ると、
今年もやる気と元気と優しさを貰えそうな気がしてくるので不思議です。 +゚。*(*´∀`*)*。゚+

IMG_ 3892

関連記事
スポンサーサイト