6月6日は「習い事の日」


古来より、6歳の子供が6月6日に習い事を始めると、より上達が早いと言われています。
これが6月6日は「習い事の日」と呼ばれている所以です。 
もちろん習い事は子供だけでなく、教養やリフレッシュ、スキルアップのため、幅広い層に求められています。

と、書いてある 「企画紙面のご案内」を持って、
石川県内ではそれなりに大きい新聞社の社員がやって来ました。

「先生、今年も3枠お願いできませんか?」

一枠が横94㎜×縦32㎜、一般的な名刺の約半分くらいの大きさで数万円もする。
新入社員の初仕事として与えられているらしい。
どことなく不安そうな社員の顔をみると、何とかしてあげたいという気持ちが沸々と湧いてきて、「枠が埋まらなかったら、いらっしゃい」と、かねてより言っていました。
社員の中で申し送りになっているのか、ここ2年ほどは掲載してなかったのに。

ちょうど良かったわ。
アルプラザと内灘教室に集約して新コースも増やしたし、昨年のコンクール受賞写真も掲載したいしね。
少しお安くならないかしら?(^ω ^;)
厚かましい希望も、忘れずお願いし、6月6日の朝刊に掲載することにしました。

こちらでは、改めて教室の時間割表でご案内しますね。
 教室時間割表  
6月6日は「習い事の日」ですってよ~~\(^o^)/
関連記事
スポンサーサイト