リフォーム・リメイク教室始まりました!

先生!
ボタン付けくらいしか針持ったことないんですけど・・・大丈夫でしょうか?
ミシンも何十年も使ってないので、使い方忘れました! できますか?

大丈夫ですよ♪
直ぐにできるようになりますから、心配しないで頑張りましょうね

お道具も、何をそろえていいのかわからないという人には、取りあえず教室にあるもので準備しましょう。
「あと足りないものは買ってきてくださいね。」

さあ、リフォーム・リメイク教室、始めますよ~

お直しといえども、基本が大事です。
これから1時間半ほど、サイズの取り方や、自分の原型をおこす勉強をしましょう。
特に着物は、完全リメイクになりますから、原型がとても重要になってきます。

それでは、実技に入りますね。デザイン
KIMG2348.jpg
これは羽織ですね。
何にされたいのか、
柄合わせとデザインを考えてください。

 
例えば、かぶりチュニック風ブラウスにする場合、
襟と袖口、前開き部分を、
濃い色の布でトリミングするだけで、 
今どきの、素敵な感じのカジュアルブラウスになります。
おしゃれ着として、気のはるお出かけにも通用しますね。

こんな風にリメイクは、
ちょっとしたデザインの工夫で、色々楽しめるんですよ♪
KIMG2333.jpg

洋服の方は、持参の洋服を着てください。

どうされたいの?
 
これは10年ほど前に買ったものです。
うっかり大きいサイズを買ってしまって・・・
一度も着てないんです。
丈も、肩も、袖も、脇も、
み~んなサイズダウンして、チュニック風にできますか?
もちろんできますよ♬
KIMG2326.jpg
 
 肩を3cm  
 袖丈6cm
 脇1.5~1.0cmのラインで
 着丈7cm 
 マチ針で留めて、さあ!これでどうでしょう?

 スッキリしました。
 いい感じです!



次は縫い目をほどいていきましょう。

和服の方は全部ですよ。
帰りましたら、洗濯とアイロンがけをしてきてくださいね。
ここで注意!
表地の方に必ず「しるし」を付けることを忘れないでください。
洗濯すると、裏表の区別がつかなくなりますからね。

洋服の方は袖とカフスだけ、取り外してください。
脇と丈は、ほどかないでそのままにしておいてください。

出来なかったところは、次回までに宿題ですからね~

こうして、初日は終了。
まずまずのスタートにホッとしています。 \(^o^)/
関連記事
スポンサーサイト